« 13mmゲージ 禁断の果実 | トップページ | 13mmゲージ 続 禁断の果実 »

2013年12月13日 (金)

13mmゲージ 車輪の追加検討

昨日は、夜中から作図を始めて一気に書いてブログアップをしましたが、布団に入ってつらつら考えると、クロッシング部の車輪との平面を検討したら、車輪の厚さは薄くできそうと思いつきました。

早速仕事前にちゃっちゃっと書いたのが本図です。

L_2

左が一般的な10.5の車輪、右は最小クラスの5.0の車輪を想定しました、今回は幅1.6mmが実線です。

昨晩の断面だけの検討では幅1.6mmの車輪は、クロッシングの溝にはまりましたが、平面図を書くと、実際は最大幅はピンポイントなので、わずかにポイント先端側に動くと1.6mm幅のタイヤが線路に乗ります。

また、最小クラスの5mmの車輪でも、このわずかな距離では車輪の沈下もわずかで、この大きさでも1.6mm幅で行けそうで、心配なら1.7mm程度に広げれば十分な余裕が出来る事が分かりました。

昨日のブログでは車輪の幅はスケールに出来ないと書きましたが、今回の検討で、車輪の厚さも実物通りに作っても問題ないことが分かりました。

今まで13mmゲージは門外漢だったので、根本的なミスがあるかも知れませんが、この検討が正しいとすれば、13mmゲージで蒸気機関車を作るのに幅を広げる必要は全くないことになります。

珊瑚模型が国鉄の形式5を出したそうですが、ちゃんとスケールの幅になってるんでしょうかねぇ・・・

|

« 13mmゲージ 禁断の果実 | トップページ | 13mmゲージ 続 禁断の果実 »

13mmゲージ」カテゴリの記事

コメント

規格があいまいなのは困ったものですね、日本お得意のガラパゴスか。で、当方、スパイクの車輪を16番に使うことを考えていますが、問題あり?

投稿: 三木の干し殺し | 2013年12月14日 (土) 22時41分

私もスパイクの車輪は動輪も含めて何個も持っていまして・・・・当然16番用で買った物ですが、使えるかどうか、検討してみようかな?
けど、先ずは簡単に改軌してレイアウトで走らせてみましょうか。

投稿: クラーケン | 2013年12月14日 (土) 23時32分

何をもってガラパゴスと言うのかわかりませんが、1/87 13mmゲージ自体が日本オリジナルなので、それ自体、ガラパゴスのような気がします。
厚さ2mmの車輪でシノハラやKATOのHO(16.5mmゲージ)の線路を走らせることをお考えでしたら、ポイントの改造が必要になるはずです。
ピノチオの1/80 16.5mmゲージの完成車輛は、厚さ2mmの車輪がでした。16.5mmゲージの組立レイアウト上で走らせているのを見たことがありますが、ほぼ必ずポイントで脱線していました。

投稿: 森井 義博 | 2013年12月15日 (日) 18時29分

森井様
ご意見ありがとうございます。
私は現在、16.5mmゲージで車輪幅2.2mmの機関車を製作中ですが、ポイントで脱線するような兆しはなく、クロッシング部ではまだ余裕があります。
ただし、これは珊瑚の車輪をベースにした車輪で行けることで、フランジが薄いスパイクの車輪ではフランジウェイとの遊びが大きすぎて、脱線の可能性がありますね。
要はフランジウェイとフランジの厚さ、というよりフランジと踏面のカーブが大事で、クロッシング部でフランジが適正なラインを描くことが大事と考えます。
実物もこの考え方ですが、これから行くとスパイクの車輪(特に動輪)のフランジは薄くてこのカーブが小さいので、篠原のポイントでは脱線の恐れがありますが、フランジ形状を変えれば、薄い車輪は可能と思います。

投稿: クラーケン | 2013年12月15日 (日) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/54242783

この記事へのトラックバック一覧です: 13mmゲージ 車輪の追加検討:

« 13mmゲージ 禁断の果実 | トップページ | 13mmゲージ 続 禁断の果実 »