« 一枚の図面から 7 川崎造船のクレーンロコ | トップページ | 一枚の写真から 12 貨車編 ある貨車 »

2013年12月22日 (日)

一枚の写真から 11 機関車編 スチームトラクター?

先ずはこの写真。

No141015

見た事ある!って人は、相当な「へちゃむくれ」好きですねぇ。

川崎製鉄葺合工場の14~16号は、とても蒸気機関車に見えない形で異彩を放っていますが、これまであまり研究された事は無いように思います。

初見は「機関車の系譜図3」ですが、最近では、高井薫平氏の「小型蒸気機関車全記録 西日本編」に出てますねぇ。

15号と16号も。

No151017

No161019

これらの写真は、自称「へちゃむくれ」好きの中西進一郎さんが撮られた物ですが、他の方が撮られた写真は見た事がありません。

そして、これと同類の様に見える、トワイライトゾーンMANUAL16号のP84~89の川崎車両入換用のT-1と称する変てこな機関車、こちらは、怒られそうなので写真はご容赦を。

川鉄の3両はロッドでの伝導、川車の方はロッド無しです。川鉄の写真はキャブの内部が良く見えませんが、川車の物と同様、縦型のボイラーが中央部に立っていて、屋根から煙突が飛び出しています。川車の煙突は化粧煙突ですねぇ。

川車の方のP88の写真ではボンネットの中が少し覗われますが、四角い箱に丸いフタが2個並んでいるのが見えます、これはまさしくクレーン用のシリンダーで、昨日のブログの写真の様に2個のシリンダーが一体になったユニットで、クランク軸やバルブギヤーも一体化した物です。

Photo

これはクレーンのメカの図面ですが、右上がシリンダーで、そこからクランク軸までが一体の鋳物のユニットで、ここから床下に動力を持って行けば良いわけです。

そして、もう1枚、中西さんから頂いた写真があります。

2

中央は車輪で左はブレーキシュー、車軸には奥と手前に2個のギヤーがあります。これはちょっとおかしなことで、通常は1個で事が足ります。

この奥にギヤーが見えていますがギヤーの横に中梁から出る受けがあり、その奥に軸が見えていますね、その先にちょっと太い所があり、その先をよく見るとギヤーが見えますね、当然その奥の中梁からも受けが出ているわけで、手前のギヤーと一体になってるとすると・・・、

奥のギヤーは車軸の奥のギヤーと噛み合ってるようで、手前側は車軸のギヤーとは噛み合っていない、この軸には動力が伝達されているはずなので、現在は奥のギヤーから動力が伝達されているわけです。

同じ軸に2つのギヤーが付いている理由は、この場合同じ中心距離で違うギヤ比のギヤーが付いていると考えるのが妥当なので、この軸が左右に動く構造(軸の途中の太い所がストッパ)でどちらかのギヤーが噛み合って、ギヤ比が変わると推測されます。

昨日のブログで書いたように、常にフルギヤーのバルブギヤーなので、スピードコントロールはレギュレータだけで、それだけでは負荷が減ると早く、増えると遅くなり、コントロールがしにくいので、この車軸部でのギヤーを動かすことにより、高速と低速を切り替えているようです。

この機関車達に関しては、製造年等は不明瞭な点があるのですが、機関車表では、川鉄の14,15号は1920年、16号は1935年製との事で、川車のT-1は1944年製造の1が前身ではないかと思っています。

クレーンとの共通点は、シリンダーユニットと周りのギヤユニット、それに縦型ボイラー位の物ですが、一般の蒸気機関車より構造ははるかに簡単です。

「小型蒸気機関車全記録 西日本編」では、これらの機関車はクレーンの改造と書かれていますが、製造がクレーンも作っている川車なので、改造と言うのはおかしく、クレーンの部品を多く使って安く仕上げた簡易的な入換用機関車と言えるんではないかと思われます。

蒸機版貨車移動機と言うところでしょうか。

もっと普及しても良いように思いますが、すでにあったガソリンの移動機に比べて、価格が高かったのかな?

|

« 一枚の図面から 7 川崎造船のクレーンロコ | トップページ | 一枚の写真から 12 貨車編 ある貨車 »

一枚の写真から 機関車編」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

№18は別の方の写真で見ましたが、見た目普通だったソイツも、実はロコクレンだったんでしょうか?
正体が気になります。

投稿: よこやま | 2013年12月23日 (月) 20時17分

よこやま様
川鉄葺合の18号は、1944年若津鉄工所製の17tの機関車で、こいつは初めから普通の機関車ですよ。
・・・というか、日本でこのタイプのクレーン付きの機関車って、この葺合工場の2両と、佐世保海軍工廠、それに舞鶴海軍工廠、そして、日本製鋼室蘭の3号のたった5両だけなんですよ。
舞鶴海軍工廠だけが日車製で、佐世保海軍工廠は川崎、後は全部ホーソーン・レスリー製です。

投稿: クラーケン | 2013年12月23日 (月) 21時05分

なるほど。いろいろと興味深いですね。
そしてすぐサッと答えが出てくるところがすごいです。

投稿: よこやま | 2013年12月23日 (月) 21時41分

よこやま様
いえいえ、日本の機関車の情報は、沖田祐作さんの「機関車表」ですよ!。これさえあればたちどころに分かります。

投稿: クラーケン | 2013年12月23日 (月) 22時51分

はじめまして。こんにちは。

川崎製鉄葺合工場の14~16号の情報!拝見しました。ありがとうございました!

小生、最近「蒸気」好きになりまして、hoナロー車体をスクラッチしております
まったくの「初心者」です。
☆☆☆
この「面白い」アイテムが気にいりました。
「。。。風」のおもちゃレベルですが、作ってみたくなりました。

「初心者」のたわごと!失礼いたしました。
ありがとうございました。

投稿: 隊員 | 2014年2月19日 (水) 19時46分

隊員様
独特の世界ですねぇ。
以前から、コンさんのブログからのリンクで隊員様のページを見させて頂いております。
このグループの機関車は結局、ここで紹介した川鉄の3両と、川車の1両のたった4両しか作られなかったんですが、非常に面白い変な機関車たちで、私もいつかは・・・・と思っているのですが、このうらぶれた雰囲気を出すのが苦手で、多分製造時の綺麗な時を想像して作るしかないように思っております。
隊員様のセンスなら良い感じの物が出来そうですね、大変期待をしております。

投稿: クラーケン | 2014年2月21日 (金) 03時32分

クラーケンさん こんにちは。
レスをいただき、どうもありがとうございました。

>コンさんのブログからのリンクで
。。わッ!これはどうもありがとうございます。
機関車模型一年生の拙作で恐縮です!

>非常に面白い変な機関車たちで
。。こちらで初めて知りました。本当に面白いアイテムですね。

>このうらぶれた
。。はい!小生、あのうらぶれた感じが大好きで。。。


>良い感じの物が出来そうですね、大変期待をしております。
。。ありがとうございます。おもちゃ「。。。風」ですが、HOナローで作りたいと思っております。クラーケンさんのように金属でなく、「やわらか素材」で恐縮です。

。。そうおっしゃっていただきますと「士気」が上がりますW。

準備をば。。。はい!早速「小型蒸気機関車全記録 西日本編」を注文しました。

なお、本日はお礼に参上いたしましたので、レスは結構です〜。感謝!
どうもありがとうございました!

投稿: 隊員 | 2014年2月21日 (金) 17時03分

隊員様
私も隊員様のバイタリティーに負けないよう、ガンガン作っていきたいです。
・・・かなり願望が入ってますが・・・
このところ仕事に追われる毎日で、時間が取れなくてストレス溜まりまくりです。

投稿: クラーケン | 2014年2月22日 (土) 12時31分

クラーケンさん こんにちは。

「。。。風」オモチャですが、このアイテムを作り始めました。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご意見をお聞かせください。
☆☆☆
前面の白っぽい箇所は、

白でしょうか?
それとも黄色でしょうか?
☆☆☆
車体はもちろん「黒」ですね!?

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 隊員 | 2014年3月 7日 (金) 17時39分

恐らく黄色と思われますが、撮影された方に聞いておきます。

投稿: クラーケン | 2014年3月 8日 (土) 02時27分

クラーケンさん こんにちは。
お忙しいところ、早々にご回答いただき、どうもありがとうございました!
恐縮です!その様に作ります!

投稿: 隊員 | 2014年3月 8日 (土) 16時58分


クラーケンさん こんにちは。

唐突ですが。。。例の。。。
川崎製鉄葺合工場 16号蒸気機関車が完成いたしました。

拙作ですが、やっと。

写真、情報どうもありがとうございました!

投稿: 隊員 | 2014年3月22日 (土) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/54338498

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の写真から 11 機関車編 スチームトラクター?:

« 一枚の図面から 7 川崎造船のクレーンロコ | トップページ | 一枚の写真から 12 貨車編 ある貨車 »