« 7010,5100の製作 33 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 鉄道史よもやま話 2 »

2013年11月 7日 (木)

7010,5100の製作 34 明治初期の機関車大改造を追って

下周りの全部品の切り出しが終わりました。

1311061

左が大体床下増槽、右が側枠関係です。

ザックザックと糸鋸とヤスリ、良い運動になりました。

明日は筋肉痛かも。

|

« 7010,5100の製作 33 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 鉄道史よもやま話 2 »

7010,5100の製作」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。京都の模型クラブD会のSさんの紹介で拝見しにきました。
3D CADでの設計、製作にすごく興味があります。
小生も、CADで設計製作したことがありますが、あくまで2Dで設計、3Dは2Dの検証ぐらいです
2Dの部品図もきちんと図面化されており、部品製作もすばらしく感心しきりです

投稿: hawk | 2013年11月 8日 (金) 04時41分

hawk様
訪問ありがとうございます。
hawk様のブログも見せて頂きました。
私も某メーカーの釣掛メカの設計をしたことがあり、大変興味深く拝見しました。

CAD、実は私は本業が「設計」でして、自宅を事務所にして請負で設計をしていますので、3Dも含めて、業務用のCADが使えます。
そのせいでもないのですが、私が物を作る場合は全部の部品の図面を書いて寸法も入れた物を工作台にあるパソコンで表示させてそれに従ってケガキ作業をします。
先に図面上で検討が終わってるので、作り直しはほとんど有りません。
今回のテンダーは実物の構造と模型的な要求を考えると2Dでは限界を感じたので3D化したものです。
3Dなら各部の整合性やネジの位置など、予め検討できるのであとから苦労することがないので、このような複雑な構成のものには良い方法かと思います。

hawk様のブログにありました「脱線会」は何人かのメンバーがお友達です。ものすごい方たちの集まりですね。以前は関西合運に行っていましたが、近年はお邪魔していないので忘れられてるかも・・・・ですが・・・。

投稿: クラーケン | 2013年11月 8日 (金) 10時02分

クラーケン様。おはようございます。
本業が設計屋さんでしたか。
小生は自動化設備メーカー勤務で設計部に在籍しております。
小生は3Dを使用していないのですが、3D需要が増え筒ありますので、一度、クラーケン様の設計内容お聞かせ願いたいのですが。
模型のブログに仕事を持ち込み申し訳ございません。
良ければ、記入したアドレスのメールお願いします

本日は東京ビッグサイトの国際ロボット展に行きます

投稿: hawk | 2013年11月 9日 (土) 05時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53855380

この記事へのトラックバック一覧です: 7010,5100の製作 34 明治初期の機関車大改造を追って:

« 7010,5100の製作 33 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 鉄道史よもやま話 2 »