« 7010,5100の製作 32 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 34 明治初期の機関車大改造を追って »

2013年11月 6日 (水)

7010,5100の製作 33 明治初期の機関車大改造を追って

延べ工作日数69日です。

昨日はほとんどケガキに費やしましたが、今日は糸鋸三昧。

半年ぶりに糸鋸とヤスリで右手がグロッキーです。

この工程は、台枠の側枠と床下増槽を切り出しです。

台枠側枠はt0.5真鍮、床下増槽はt0.2にリベットを打ち出して、t0.2と0.3で裏打ちします。

1311051

右が側枠、ケガキはもちろん裏側です。左に何枚もあるのが増槽ですが、今、写真を見て、増槽の横の板、左下の細長い物が1両分しかないのに気が付きました。

明日切り出さねば。明日はそれと裏打ち材少しと下回りのベースになる板t1.2を切り出して、リベットまで行けるかな?

|

« 7010,5100の製作 32 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 34 明治初期の機関車大改造を追って »

7010,5100の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53842080

この記事へのトラックバック一覧です: 7010,5100の製作 33 明治初期の機関車大改造を追って:

« 7010,5100の製作 32 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 34 明治初期の機関車大改造を追って »