« 一枚の写真から 6 機関車編 国鉄50 | トップページ | 一枚の写真から 8 機関車編 夕張炭鉱の圧縮空気機関車 »

2013年11月28日 (木)

一枚の写真から 7 機関車編 横浜税関の機関車

ポーターつながりで、今回は「亀の甲」です。

このクラスはアメリカでは非常に有名で、模型製品も多く出ています。

日本にもこのタイプは2両来ており、1067mm軌間の物が横浜税関の海面埋立工事用、もう1両は秋田県の浅野総一郎専用鉄道向けで610mm軌間です。

従来は1両の機関車が改造を繰り返しながら変転したと思われていましたが、近藤一郎さんが「新編H.K.ポーターの機関車」で2両と解明しました。

これらの機関車は、1067mm軌間の横浜税関の物は、工事終了後762mm軌間に改造されて上野鉄道に行き、5号を名乗りました。

610mm軌間の浅野総一郎専用鉄道の機関車は後に相模鉄道へ行き、無番号として馬入川の砂利採取線で使われた。この時の写真が機関車の系譜図にありますね。

さて、今回の写真ですが。これも私の友人「養殖海坊主」君が入手したもので、前の義経や大湯鉄道のと同様、ポーターのメーカー写真で、これも本邦初の発表になります。

Hkporter_wno2224_1200dpi_l

Hkporter_wno2224_1200dpi_2_l

ポーターの製番は2224、キャブに書いている通り、横浜税関の海面埋立工事用の機関車です。

この機関車の図面は、国会図書館の「近代デジタルライブラリー」でダウンロードできる「横浜税関海面埋立工事報告」の巻末の折込にあり、これはそれからの抜粋です。

1906_437446_02

金田茂裕氏はこの図を元に組立図を書き始めており、それが残っています。金田さんはこのように方眼紙に先ず鉛筆で下絵を書いて、それを元にカラス口で清書したようですね。その事が分かる貴重な資料だと思います。

C_5_l1

そしてこの図面は、近藤一郎さんの手で「新編H.K.ポーターの機関車」の折込になる組立図に・・・・・実際は近藤さんが独自で探し当てたポーターの組立図を元にしたものを書いて、この機関車の研究は一旦終了し、その後にこの写真が見つかったというわけです。

ですから、この項は、「新編H.K.ポーターの機関車」と共に見て頂けたらと思います。もちろんこの本の元になった金田さんの「H.K.ポーターの機関車」も。

|

« 一枚の写真から 6 機関車編 国鉄50 | トップページ | 一枚の写真から 8 機関車編 夕張炭鉱の圧縮空気機関車 »

一枚の写真から 機関車編」カテゴリの記事

コメント

横浜税関海面埋立工事報告の図面には蒸気クレーンやタグボートなどのおいしい図面もありますね。情報感謝です。

投稿: railtruck | 2013年11月28日 (木) 10時33分

railtruck様
そうなんですよ、こんなタグボートもいいですねぇ。
それに私はクレーン大好き!定置用やクレーン船、浚渫船にもクレーンがあるし、砕岩機付の船は前に載せたスコッチボイラーを搭載してて興味深いです。
そのうち川鉄葺合工場の14-16号と共に、蒸気クレーンの事も書こうと思っています。

投稿: クラーケン | 2013年11月28日 (木) 12時17分

実は私はクレーン制御システムの設計者でもあるのです。と、言うことでクレーンとか巻き上げ機みたいなものにはとても興味があります。蒸気クレーンの記事楽しみにしています。

投稿: 鹿ヶ谷 | 2013年11月28日 (木) 19時29分

おお!!すごい!
私は船の荷役用の左右2本のクレーンを使って自由自在に荷物を移動させるのに見とれてから、鉄道より古くからの大好き人間なんですが、
クレーン関係は、書籍等資料を探しましたが、それほど多くは持っていませんが、それらを使って面白い物になればいいなぁと思っています。
今はどんなものにしようかわくわくしています。

投稿: クラーケン | 2013年11月28日 (木) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/54077300

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の写真から 7 機関車編 横浜税関の機関車:

« 一枚の写真から 6 機関車編 国鉄50 | トップページ | 一枚の写真から 8 機関車編 夕張炭鉱の圧縮空気機関車 »