« 友達紹介 2 YBさん 2 | トップページ | 一枚の写真から 9 機関車編 Steam Dummyというジャンルの機関車 »

2013年11月30日 (土)

一枚の図面から 4 ある機関車

まずはこの図面をご覧ください。Willamette_bridge_042_1572l

これはアメリカのWillamette Bridge Ry.という鉄道のスティームトラムなんですが、これの写真がこれ。

Willamette_bridge

そして、これはDenver & Berkeley Park Rapid Transit Ry.のNo.9 Wheat Ridge。

この2両の写真、そっくりでしょ?動輪径が、上記は914mm下記が889mmである以外ほぼ同型のようなんです。

Wheat_ridge

このDenver & Berkeley Park Rapid Transit Ry.の機関車の僚機が、実は日本に来たようなんです、それも2両!。

恐らく電化で不要になり、売却された物と思うんですが、アメリカの中古の機関車を日本で購入した、ってあまり聞かないんですが、「スクラップとして購入したものを再生した」って、どこかで聞いた事ありませんか?

この機関車の特異なリヤタンクと銘板、ベレー帽のような給水ハッチ・・・・

そこで、

9891319390604l

おいおい!って思うでしょ?

けれど、特異なリヤタンクをご覧あれ!、下周りをご覧あれ!

そう!モデラーに人気の高い!?、国東鉄道の2,3号!、これこそがDenver & Berkeley Park Rapid Transit Ry.の機関車のうちの2両の後の姿なんです。

木造の部分を全部撤去して、キャブとランニングボードを作ればあーら不思議!

図面の動輪を889mmに変更して、模型化でもいかがですか?

近藤一郎さんはこの機関車を含む「ボールドウィンの機関車落穂拾い」と言う、私の駄文とは違ってちゃんとした本の原稿を書かれているんですが、発刊できるかどうか・・・・。

スクラップだったという説には反論もあり、まだ謎が多き機関車ですが、製造時と末期で姿が大きく変わった機関車の1つとして非常に面白い機関車です。

|

« 友達紹介 2 YBさん 2 | トップページ | 一枚の写真から 9 機関車編 Steam Dummyというジャンルの機関車 »

一枚の図面から」カテゴリの記事

コメント

デンヴァーの諸元ですが、軸距などウィラメットと一致するようです。
http://www.steamlocomotive.com/0-4-2/?page=dbprt

ゲージはスタンダードで写真でもそのように見えますが、改軌して国東に入線したのでしょうか?

投稿: railtruck | 2013年12月 1日 (日) 10時31分

railtruck様
これは、近藤さん達と調べている時に見たものですが、ゲージはボールドウィンのスペックでは3’になっているのですが、Willamette Bridgeの図面の断面からゲージは3’6”と確認していますので、スペックの数値が間違いで実際は初めから3’6”だったと思っています。
Mammoth Cave National Parkと言うところで同類が保存されていますが、ここのは標準軌間のようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Mammoth_Cave_Railroad

投稿: クラーケン | 2013年12月 1日 (日) 14時49分

これ面白いですね。
改造前はキャブフォワードだったということかと。
改造前の姿も模型にしたくなる形態です。

投稿: E.NUKINA | 2013年12月 1日 (日) 21時21分

NUKINA様
前側を先頭に列車を引いている写真もあって、前後にヘッドライトが付いているので前後の関係なく運用していたようです。こういうSteam Dummyというジャンルの機関庫、はまってしまいそうです。
国東鉄道に来てから、2号は鋼製キャブ、3号は木造キャブなので、この2つと原型と3つ並べたいなぁ・・・・

投稿: クラーケン | 2013年12月 1日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/54106746

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の図面から 4 ある機関車:

« 友達紹介 2 YBさん 2 | トップページ | 一枚の写真から 9 機関車編 Steam Dummyというジャンルの機関車 »