« 砺波市チューリップ公園の1052 | トップページ | 一枚の図面から 1 8250のこと »

2013年11月10日 (日)

砺波市チューリップ公園の1052・・・のバルブギヤー

昨日の記事で、コメントを頂いたので、調子に乗って第2弾です。

外側シリンダー用の標準タイプのバルブギヤーです。従来の説ではウェッブ形ジョイ式等として特殊なものとして、600等のジョイ式の方が標準と思われてきましたが、そのタイプは内側シリンダー用のジョイ式を外側に持ってきた物で、外側に付くジョイ式としては亜流です。

日本国内ではこの1100クラスに付くタイプの物は少ないので、こちらが標準ではないと思われていたようです。

先ずは左側から。

1_l_dscf1328

2_l_dscf1374

ランニングボードのフタを開けて、バルブスピンドルを上から見たとこ。

3_l_dscf1407

バルブスピンドル。

4_l_dscf1399

モーションプレートと扇形滑り

5_l_dscn0430

6_l_dscf1402

扇形滑り上面

8_l_dscf1386 

9_l_dscf1468

メインロッド中央部

10_l_dscf1400

第2動輪クランク部

11_l_dscf1393

12_l_dscn0432

13_l_dscf1395

第3動輪クランク部

14_l_dscf1398

これから右側、最初はО君の写真

15_r_p1010820

16_r_dscn0435

17_r_dscf1441

18_r_dscf1444

19_r_dscf1502

20_r_dscf1445

左側ドレンコック

21_l_dscn0442

|

« 砺波市チューリップ公園の1052 | トップページ | 一枚の図面から 1 8250のこと »

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

まいど
バルブギアー、先日から睨んでいますが
さっぱりワカラン。
リバースのテコも見えないし。
ほんま、一度模型で見せてください。

投稿: ハタボウ | 2013年11月11日 (月) 13時31分

ジョイ式って発想としては面白いですよね。メインロッドの上下動を捉えることでクランクに対して90°の位相ズレを作る。さらにメインロッド接続点周りのロッドでラップ+リードの進角を作る。ようはワルシャートのコンビネーショのレバーの機能を持たせる。
でも以前から思ってたんですがジョイ式のメリットってなんなんですかね?動輪の上下動がもろバルブタイミングに影響を与えるし、扇形滑りの中を絶えず上下するダイブロックがものすごく減りって保守も大変そうだし、扇形滑りなんか作るのすごく面倒そうだし、スチーブンソンに対してどんなメリットがあったのでしょうか?わかりません。

投稿: 鹿ヶ谷 | 2013年11月11日 (月) 15時46分

スティーヴンスン式に対するメリットは,台枠の外にあるので点検が楽だ ということでしょうか.
弁室も点検・調節が楽になりますし.
でも,おっしゃるようにダイブロックの摩耗は問題がありそうですね.

投稿: 銕騎 | 2013年11月11日 (月) 17時52分

ハタボーさん、
リバースレバーは帰ってからちゃんと撮ってない事に気が付いたんですが、右側の扇形滑りの奥にあって、扇形滑りを左右につないでいる軸につながって、扇形滑りの角度を変える事によって前後進やカットオフを変えます。一見ワルシャートやスティーブンスンの様にこれが陽動するように思えますが、これは機関士が逆転レバーで角度を変えるので、動輪の回転による動きはありません、この中にある滑り子が動輪の回転に応じて上下に動くと思います。
鹿ケ谷様、それから銕騎様恐れ入ります。
私が思うジョイ式の最大のメリットは、この機関車のタイプではなく、600等の原型、内側シリンダー用にあると思います、1292(善光)の改造後はまさにその例ですね。
あちらのタイプは、この機関車の場合と違って動輪からのリターンクランクが不要で、全部がメインロッド中央付近のリンクから前で収まります。
という事は、内側の場合、スティーブンスンの様に動輪にエキセントリックを付ける必要が無いという事で、内側の場合、狭い所に大きなクランクがあり、スペースが厳しいので大きなメリットだと思います。
ですが、この機関車のタイプは外側なのでリターンクランクを付けて、スライドバー下面からロッドを出すよりシンプルな方法にできていると思いますが、動輪の上下動の影響を受ける事や、滑り子の摺動摩耗が起こる事などの理由によって、ワルシャート式に取って代わられたのではないかと思うんですが、いかがでしょう。

投稿: クラーケン | 2013年11月11日 (月) 19時47分

たしかにスペースの限られた小型機にはメリットがありますね。
ワルシャートやスティーブンソンみたいな原理そのものみたいな方式に比べるとリンクでややこしくしている分、特性が良くないと思います。バルブギア・シミュレータで弁動作の楕円図なんか見ると非常に素性が良くないです。(ワルシャートやスティーブンソンでは前後進の楕円が同じ形でほぼ重なりますがジョイ式では大きくズレる。)設計も難しそうです。
小型機ならともかく、大型機に使える代物とは思えません。

投稿: 鹿ヶ谷 | 2013年11月12日 (火) 11時25分

鹿ケ谷様
私は小っちゃいゲージで、動きと形から入ったものですから、線図を見て理解される鹿ケ谷様はものすごい!と思います。
ライブの方たちも実際に性能に関わるだけにものすごく理解されている人が居て、非常に勉強になります。
ラップ、リードの考え方など、これからもっと勉強していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

投稿: クラーケン | 2013年11月12日 (火) 12時36分

ども、
ジョイ式のことが気になってしょうがないので、ちょっと動作原理を考えて、まとめてみました。
URLを御覧ください。
自分なりの解釈なので間違ってるかもしれませんが。

投稿: 鹿ヶ谷 | 2013年11月15日 (金) 15時22分

鹿ケ谷様
見せて頂きました。リンクも貼って頂きありがとうございます。
シミュレータを使うと分かりやすいですねぇ。
私も持っているので、たまにはやってみないといけませんねぇ。

投稿: クラーケン | 2013年11月16日 (土) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53895424

この記事へのトラックバック一覧です: 砺波市チューリップ公園の1052・・・のバルブギヤー:

« 砺波市チューリップ公園の1052 | トップページ | 一枚の図面から 1 8250のこと »