« 鉄道史よもやま話 1 | トップページ | 5100と7010の事 »

2013年10月31日 (木)

一枚の写真から 1 機関車編 事故写真

先ずは、この写真をご覧ください。

1800_l

模型を作る人は こういう写真、好きですよね。

私もその端くれなのでこれを見つけた時はもう大騒ぎしたものです。

で・・・これは何だろう、と言う疑問がわきますね。

先ずはこの機関車の特徴から。

台枠が板台枠である事から、一部を除くアメリカの機関車は排除、しかし薄いですねぇ、板台枠は日本の機関車の場合(以下全部)、厚くても1インチ程度まで、1/80では0.3mmほどですよ。

シリンダーが左側に見えますねぇ、シリンダーの内側が箱状になっているので、弁室は内側のようです、バルブギヤーは動輪にエキセントリックが4枚付いているので、スティーブンスン式、内側弁室なのでアメリカ式ではないですね。

下側のクロスヘッドからサイドロッドにかけて、真下から見てるので厚さ関係が良くわかりますね。クロスヘッドとその右のメインロッドの奥のスライドバーは厚さがかなりあります。9600の場合、スライドバーの幅は114.3mmで、実は高さも同じ、断面は正方形で横に溝が掘ってあります。それに比べて、メインロッドやサイドロッドは非常に薄く、9600のサイドロッドは、分厚い第2第3間でも41.3mm、その前後では38.1mmになります、1/80では0.5mm、製品のロッドは分厚すぎますね。

ここで注目は、右側の動輪、フランジレスですねぇ、という事は、少なくとも車輪は3対以上あるという事。シリンダーの隣が第1動輪なので、これは第2動輪ですね。

バネは軸箱の下に付くタイプで、イコライザーはなく、イギリス製に多いタイプです。

動輪の横のエヤータンクから、空制の機関車である事が分かりますが、シリンダーのすぐ後ろで太いテコが付いているのがブレーキシリンダーです。ここにシリンダーが有るという事は、ブレーキは前に引っ張って掛かるという事で、動輪の後ろにブレーキシューがあり、左右をつなぐハリがあって、それを前のシリンダーの所にあるブレーキ軸で引っ張るようになっています。

このブレーキシリンダーの上側に何か見えますが、これが内側弁室のバルブスピンドルです。

第2動輪のすぐ右の箱状の物は火室の下の灰箱のようですね、前寄りの中央に火室の吹出弁がありますね。

以上をまとめると、台枠、弁室、バネ装置の構造から、イギリス製の可能性が非常に高いことが分かります、また、第2動輪の横のランニングボードの下にエヤータンクがあって、ブレーキシリンダーが前に付いていると言えば、これはもう1800系しかありませんね。

1800系には1800,1850,1900,1960がありますが、この中のどれかだと思います。

ある方から、1923年の磐越西線の事故車1940,41のどちらかでは?との意見を頂戴したのですが、残念ながらあとで良く調べてみると、台枠の形やブレーキの方向が違う事が分かりました。

どなたか、この事故の資料をお持ちの方が居られましたらご一報ください。

|

« 鉄道史よもやま話 1 | トップページ | 5100と7010の事 »

一枚の写真から 機関車編」カテゴリの記事

コメント

まいど
機関車の裏側写真はめったにお目にかかれません
まして古典機なんかは。
京都のOJ御大さん、山陰線でC55が転覆と聞いて”カブ”で駆けつけて撮影したとの事でした。

投稿: ハタボー | 2013年11月 1日 (金) 11時58分

ハタボーさん
いやー、その事も書こうかと思ったんですけどねぇ、どの線か確信が無かったんで書きませんでした。
フォロー大感謝です!

投稿: クラーケン | 2013年11月 1日 (金) 12時15分

はじめまして
形式の推定ですが、ブレーキプルロッドが左右2本で、前端で折り返してハンドブレーキとつながる方が中央寄り1本であることより、1900形(ピーコック製)の確率が高いと思われます
(鉄道史料44号所載の図より)
あとクロスヘッドがアリゲーター式でなく、1本棒式であることも決め手の一つになりますが、上記資料には1800後期形の基礎ブレーキ装置の図が無いのが残念なところです

投稿: たかひろ | 2014年7月 6日 (日) 22時23分

たかひろ様
初めまして、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
鉄道史料44号の基礎ブレーキ略図は非常に有用ですね。
仰るように、1900の基礎ブレーキと一致しますね。
サイドタンクのリベットが見えてれば一発なんですが、
1850後期と1900の組立図を比べてみると、このプルロッドは全く同じ位置ですので、見た目同様、1900は1850後期の設計を踏襲しているように思えます。
皿リベットを使っているかどうかの違い位であまり差はないと思っていましたが、1850後期と1900の共通点がさらに分かりました、貴重な情報ありがとうございます。

投稿: クラーケン | 2014年7月 6日 (日) 23時05分

うっかりしていましたが、ニールスン製の1960も同じですね。

投稿: クラーケン | 2014年7月 7日 (月) 08時33分

ニールソン製も同じでしたか
おそらくピーコックもニールソンもキットソンより後期形の図面の譲渡を受けて製造したものと思われます

投稿: たかひろ | 2014年7月 7日 (月) 11時41分

私もそう思います

投稿: クラーケン | 2014年7月 7日 (月) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53785548

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の写真から 1 機関車編 事故写真:

« 鉄道史よもやま話 1 | トップページ | 5100と7010の事 »