« 7010,5100の製作 30 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 汽車好きクラーケン »

2013年2月25日 (月)

7010,5100の製作 31 明治初期の機関車大改造を追って

ちょっと多忙で間が空きましたが、67日目にして、いよいよテンダーの工作開始です。
まずは小手調べで、目立ちにくい水タンク上面を切り出してリベット打ちです。
リベットは写真からの実測で直径0.25、ピッチは水槽が0.6、その他は1.0としました。板はt0.2燐青銅です。
私の打出機はダイでピッチを決めるので、まずは旋盤でダイを作ります。
材料はM3鉄のホーローセットです。これに旋盤で0.25の穴をもみ、外径を削り、焼きを入れます。

13022631

これを打出機にセットして、一気に4枚分打出しました。

13022632

遠目で見ればまぁまぁですが

13022633

アップで見るとあらが目立ちますね。

13022634

全くケガかずに打ったのですが、最初の角が良くないですねぇ、作り直すかどうか・・・・

|

« 7010,5100の製作 30 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 汽車好きクラーケン »

7010,5100の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53795958

この記事へのトラックバック一覧です: 7010,5100の製作 31 明治初期の機関車大改造を追って :

« 7010,5100の製作 30 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 汽車好きクラーケン »