« 7010,5100の製作 27 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 29 明治初期の機関車大改造を追って »

2013年1月26日 (土)

7010,5100の製作 28 明治初期の機関車大改造を追って

いよいよ先台車です。
構造の最終確認と一部の変更で、図面に時間を掛けたので、工作は4日です。
最初は板バネから始めました。
だるまやの板バネをベースとしましたが、曲がっているので、充分加熱して焼なましをして所定のカーブに曲げます、この時にちょっと加熱しすぎて一部が溶けてしまいました、

13012801

加工順はこんな感じです、バネの右端が溶けています、最終的に所定の大きさに仕上げて、厚さも1mmまで落として、t0.3x1の帯板を曲げてバネ受けも作りました。

その後、各部品の切り出しですが、複雑な形とカーブで、ケガキに2日を要し、切抜きとリベット打ち等で2日掛かり、やっと今日全部品の切り出しが終わりました。

13012802

これが切り出した先台車の全部品です。
メインとなる台車枠はベアリングが入る穴が前後で違いますが、これは3点支持とするため、前側のみスイングするためです。
この後組み立てまでには、折り曲げや線の植え込み等、まだまだ工程がありますが、
次回には完成まで行く予定です。
通常の先台車と大きく異なるんですが、どこか分かりますか?

|

« 7010,5100の製作 27 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 29 明治初期の機関車大改造を追って »

7010,5100の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53795852

この記事へのトラックバック一覧です: 7010,5100の製作 28 明治初期の機関車大改造を追って :

« 7010,5100の製作 27 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 29 明治初期の機関車大改造を追って »