« 7010,5100の製作 23 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 25 明治初期の機関車大改造を追って »

2013年1月 8日 (火)

7010,5100の製作 24 明治初期の機関車大改造を追って

ちょっとディテールが絡む工作も飽きたので、ギヤーボックスの製作に掛かろうと思います。
図面は出来ていたのですが、ちょっと改良案を思いついたので各部の調整をしたので、ちょっと日が開いてしまいました。
1301081
この工程の工作初日は、ケガキと穴あけで終わってしまいました。
1301061
私はいつも切り出し前に穴を開けます。
5100と7010は基本は同じなんですが、7010はギヤーボックスに直接モーターを付けるのに対し、
5100は長いジョイントを介してつなぐので、ギヤーボックスにウォームの受けが付きます。
大きい穴はボールベアリング用で、クラッチ(振り子)より下は全部ベアリングを入れます。
次の日は3x3の角材を旋盤で長さを揃えてカットして、t3とt1.5の板から5100のウォームのベアリング受けを切り出しました。
今日は板物を全部切り出して写真の状態です。
1301082
これで薄板と挽物を残した主要部品が揃いました。

|

« 7010,5100の製作 23 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 25 明治初期の機関車大改造を追って »

7010,5100の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53795746

この記事へのトラックバック一覧です: 7010,5100の製作 24 明治初期の機関車大改造を追って :

« 7010,5100の製作 23 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 25 明治初期の機関車大改造を追って »