« 7010,5100の製作 21 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 23 明治初期の機関車大改造を追って »

2012年12月26日 (水)

7010,5100の製作 22 明治初期の機関車大改造を追って

いよいよ台枠の固定です。
ハンダ付けは全部はめ込みだったので、単純にハンダを流すだけの作業なので、たいした時間も掛からずに終わり、キサゲもすぐに終わりました。
5100はこの段階で先端部でつながっていた床板を切断して正規の長さとします。昨日はここまで。

12122901

12122902

今日は失敗のフォローです。
モーションプレートに付いた給水ポンプ、最後に付けたひし形のフランジに穴を開けるのを忘れて台枠を組み上げてしまいました。
真正面にはシリンダーが付いてしまったので普通の方法では最早穴あけは不可能です。

12122903

しかし、ここは失敗大王の私、いつもの方法でやっつけます。
それは写真のとおり。

12122904

ドリルを目一杯出したピンチャックで、ドリルを曲げながら穴を開けるんですが、たまたま100均で買った0.5のドリルが一体になった時計ドライバーのような物を使いました。
チャックの径は小さい方がいいので、これは助かります。
この後同様の方法で0.6のドリルを通して一件落着。

12122905

この後、スライドバーを取り付けて、クロスヘッドを仕上げて、スムーズに動くように調整します。
・・・で、意気揚々と動輪を組み込んで回りのチェックをしました。
しかしここで大問題です。
クロスヘッドをエコー製のものを使ったんですが、クロスヘッド側のピストン棒の根元の太いところが長くてシリンダーに当たって動輪が回りません。

12122906

さらに後ろ側は給水ポンプのフランジがわずかに当たってやはり回りません。
スケールの給水ポンプに対して、クランク半径がスケールでは無いための問題です。
クロスヘッドの問題も寸法的にクリヤーすると思っていましたが、ほんのわずかの違いで当たってしまいました。

12122907

もう対処方法は考えているんですが、さてどうするでしょう。

|

« 7010,5100の製作 21 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 23 明治初期の機関車大改造を追って »

7010,5100の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53795686

この記事へのトラックバック一覧です: 7010,5100の製作 22 明治初期の機関車大改造を追って:

« 7010,5100の製作 21 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 23 明治初期の機関車大改造を追って »