« 7010,5100の製作 14 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 16 明治初期の機関車大改造を追って »

2012年12月 6日 (木)

7010,5100の製作 15 明治初期の機関車大改造を追って

やっちゃいました!!

カシメたところはしっかりとつながっていますが、何せ部材が小さくて伸びて外れる可能性もあるので、結局半田を流しておきました。
ステンレスは熱伝導が悪いので、こういう場合助かります。

12120921

これでロッドの重要な工作ができたので、後は軸距離の確認です。
クランクピンの穴を1.2まで広げた段階で7010のロッドの裏に内径1.2のわっしゃを半田付けして、全部のロッドを並べて1.2のドリルの軸で串刺しにしました。
引っかかり無くギューっと入ったので、ロッドの穴はかなりの精度が出たようで一安心です。

12120922

その後、穴を1.6まで広げて、第1動輪の穴を2.1で座グリしたら終わりです。
その最後の座グリで事件が発生しました。

12120923

エンド部の外周はR1.15で仕上げていたんですが、穴が小さいときに仕上げたので、一部ちょっと小さい所があったようです。
2.1のドリル刃がその少し小さいところを引っ掛けて、エンド部が千切れてしまいました。
時に23時15分・・・・

|

« 7010,5100の製作 14 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 16 明治初期の機関車大改造を追って »

7010,5100の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53786225

この記事へのトラックバック一覧です: 7010,5100の製作 15 明治初期の機関車大改造を追って :

« 7010,5100の製作 14 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 16 明治初期の機関車大改造を追って »