« 7010,5100の製作 8 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 10 明治初期の機関車大改造を追って »

2012年7月 6日 (金)

7010,5100の製作 9 明治初期の機関車大改造を追って

あの次の日、全部を黒染めしました。
黒染め液は長野のお方にもらったブラッキーCです。
これを4,5倍に薄めて、物を漬けるだけです。
とは言え、脱脂は洗剤で済ませて、金属の洗浄剤で綺麗にして漬けました。
当初はちょっと時間が長すぎてちゃんと定着しませんでしたが、だんだん慣れてきて・・・
ほんのちょっとの時間で良かったようです。

12070701

7010の動輪は普通に黒くなったんですが、他の物はなぜか赤っぽくなってしまいました。
さび色の感じで良いのはいいんですが・・・・
そのうち黒くなるでしょ・・・・

12070702

と言うわけで、さぁ組み立て!と言う段階で大問題が発生しました。
組み立てようと車輪の絶縁を確認したら、なんと!7010の動輪が全部導通で絶縁が死んでいます。
タイヤとリムのところを削った時に導通してしまったようです。
タイヤと輪芯をずらそうとすれば治具を作って・・・とたいそうです。
まぁ、そこは1晩置いて・・・・
日が変わると解決策を思いつきました。
導通の原因はバリではないかと・・・・
そこでデザインナイフでその辺りを突っついてみると・・・
写真のようにやはり細いバリが出てきました、これが原因です。
引き続きデザインナイフで全周のバリを取ると、見事に絶縁が復活しました。

12070703

と言うわけで、問題が解決したので、組み立てです。
片側の軸を入れた段階で旋盤に掛けてフレを確認して、ベアリングを入れ、写真の位相合わせ治具でつかんでそのまま動輪を押し込んで固定します。
軸はちゃんと入るように調整してたのですが、軸の黒染めでちょっと痩せたようで、少しゆるくなっていましたので、ロックタイト271で固定しました。
5100の動輪も同様に組み立てて全部の出来上がり・・・・
と言いたいのですが、ギヤー付きの動輪はベアリングも多くてこの位相合わせ治具が使えないので、指先の感で・・・・いずれやろうと思います。

12070704

全部の車輪を並べて写真を撮ろうと思った時、テンダー用に黒染めした車輪は10.5だったんですが、実物は3フィート(914mm)、11.5だったことが分かってガックリです。

|

« 7010,5100の製作 8 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 10 明治初期の機関車大改造を追って »

7010,5100の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53786030

この記事へのトラックバック一覧です: 7010,5100の製作 9 明治初期の機関車大改造を追って :

« 7010,5100の製作 8 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 10 明治初期の機関車大改造を追って »