« 7010,5100の製作 3 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 5 明治初期の機関車大改造を追って »

2012年5月26日 (土)

7010,5100の製作 4 明治初期の機関車大改造を追って

今回は台枠リベットの本番です。

7010は組立図からリベットの位置は分かりますが、5100の改造で変わったと思われる後部の継足し部は見える写真がないので力学的に継いでも良いと思われるところで、前部の新製部は写真から判断しました。

罫書きは深い目、今回はポンチが回転するのであらかじめセンターポンチを打ちます。
このセンターポンチ、先日KKCのコンさんに購入していただいた物で、元々医療機器ですが、先端工具を作ればオートポンチになります。
先端は60度ほどに削りました。
医療用ということで、非常にデリケートな強さの調整が可能で、今回のような使い方はもちろん、0.3等の小径ドリルのポンチも大きくなりすぎず、非常に便利です。

もう一度テストピースでチェックして、本番は一気に全部打ってしまいました。

12052801

あらかじめポンチを打ってるので中心は簡単に合わせられます。
テストピースより出っ張りが小さ目になりました、材質が違ったかも知れませんね。

その後5100の前部の継足し部の合わせの0.8の穴を開けてドリルを通して寸法と水平のチェックです。
12052802

オーケーだったのでそのまま半田を流し、M1.0タップを立てて真鍮のネジをねじ込んで

12052803

さらに半田を流して、組立時に緩まないようにして、それを仕上げて今日の作業は終了です。

12052804

次は台枠水平部と小物部品になります。

|

« 7010,5100の製作 3 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 5 明治初期の機関車大改造を追って »

7010,5100の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53785781

この記事へのトラックバック一覧です: 7010,5100の製作 4 明治初期の機関車大改造を追って :

« 7010,5100の製作 3 明治初期の機関車大改造を追って | トップページ | 7010,5100の製作 5 明治初期の機関車大改造を追って »