« 160の製作 40 リベット打出し機 3 | トップページ | 160の製作 42 »

2011年11月28日 (月)

160の製作 41

リベット打出し機が出来たので、160の道具箱を始めました。
160の道具箱は元々左右にあったようですが、明治時代に当時の21号が左側を撤去しているので、その方が左右で雰囲気が変わって面白いので1個のみとします。
写真は燐青銅のt0.2の板にリベットを打った物です。
はじめは小さく切ってから打とうとしましたが、小さくてやりにくいので、
大きい状態で全部のリベットを打ちました。
大きい板だけ、全長の目安で軽くケガキましたが、それも含め、奥行きストッパと引っかけだけで打ちました。

11113011

目で見たら結構綺麗に見えてましたが、これだけ拡大すると少し荒れが見えますねぇ。
これ以外にヒンジに使うt0.1にも打ちました。

きょうはこれだけです。

|

« 160の製作 40 リベット打出し機 3 | トップページ | 160の製作 42 »

160製作記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53775991

この記事へのトラックバック一覧です: 160の製作 41:

« 160の製作 40 リベット打出し機 3 | トップページ | 160の製作 42 »