« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月20日 (木)

160の製作 37

160、走りました!
・・・は後回しで・・・

あれから、集電ブラシを作りました。
大分悩んで、絶縁は最近手に入れたピッチの細かいプリント基板を使いました。

11102101

写真上はブラシ、燐青銅t0.1を使いましたがちょっと硬めで、
これが抵抗になって惰行があまり利きません。
真ん中はランボード下に貼り付けてタップを立てるネジ座。
下はプリント基板です、これは最近はやりの表面実装タイプで穴なしで、銅箔を合わせて厚さは0.4しかありませんので、スペースが要らなくて助かります。
この基板の銅箔部に上のブラシを半田付けして床板にM1.4で止めれば終わり。
t0.1はやっぱり切りにくいねぇ、思わず8/0のバローべの糸ノコを注文してしまいました。
このブラシを避けるため、上周りのウェイトをまたルーターで鉛の粉を浴びながら削りました。

それで完成と思ったのですが、クロスヘッドがさびしいので、
スライドバーに当たるところに帯板を貼って、ネジを自作しました。

11102102 

ハタボーさんにチャレンジですねぇ。
こちらのは、ネジはM1.0、座金はΦ1.6のt0.1、ナットは対辺1.3です。
材料はドリルロッドです。


・・・で、試運転。
車輪は軽く回るようになっていたので、いきなりスムーズに走りました。
クラッチの利きも問題なし、惰行はブラシのせいでいまいちですねぇ。

11102103 

慣らし運転はこれからですが、運転会でぶんぶん走らせたら大丈夫です。

ただ、牽引力は・・・・
完成重量は185gです。
これだけウェイトを積むとモーターが負けてますねぇ。
2軸の真鍮貨車20両も引くと止まってしまいました。
空転もなしで・・・
とまぁ、これは想定内。

11102104

とりあえず最小のモーターを入れて様子を見てみようと言うことで・・・
現在のモーターはマシマの1015ですが、モーターを前に向けたこの構造ではモーターは長い物に乗せかえられて、動輪に掛かる重量は減らないので、1020でも1024でもいけそうです。
明日積み替えて、運転会で牽引力を試したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

160の製作 36

今日は、最後のディテールのまとめその他です。
きのう作ったボイラー周りの部品と配管関係を付けて、
水タンクの隅に手すりを付けました。これは珍しく、帯板
で巻いて取り付ける方法、いわゆる福原さんが前に
発売していた方法です。
次に自連の開放テコ受けを作りました。
開放テコ受けの側寄りはエコーのパーツ、前はそのまま、
後は加工して使いました。
中央部はリベット付き帯板を加工して作りました。

その後、煙突のキャップ、やはりちょっと幅小さくしました。
ついでに車体に半田付けしました。
煙突を上から見てネジ頭が見えるのはきらいなので。

これで、外観関係は完了。

一度総組立をして見ます。
が、案の定、すんなりと組み立てられるはずもなく・・・
まぁ想定の範囲内ですが・・・
車体のウェイトを削りまくって何とか組立が出来ました。

11101801

それで記念写真を撮って・・・・

11101802

いよいよ火入れ式ならぬ通電式ですね。
まぁ一応動輪は回転しましたが、ギクシャクするので
今後調整をしようと思います。

11101803

で、完成!と思うでしょうが、まだ集電ブラシを考えてもいません。
さぁどうなりますか・・・・

11101804_2

・・・というわけで、開始から伸べ36日間、夜だけの作業でしたが、
何とか形になりました。
ひとえに皆さんの応援のおかげだと思います。

11101805

何とか運転会までにちゃんと走るようにして、デビューさせて
やりたいと思います。
ヘボ職人の期待に反して、未塗装の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

160の製作 35

今日はまず、きのう作った3枚の板です。

11101701

これはシリンダーの内側、バルブ部分です。
ここはバルブ部が直接見える車も多いのですが、
160はカバーが付いて、スライドバルブのスピンドルカバーが
先端を覗かせています。

11101702_2

現在はこのカバーが撤去されてバルブが直接見えています。

11101703_2

この部分の空洞にウェイトを入れました、作り方はいつもの
ハンマーワークです。

11101704   

これは先輪に軸重を加えるための物です。

この後、カプラー受を付けて、下回りはとりあえず
出来上がり・・・・かな。

それから、次は上周りのディテールです。
まぁ見てのとおりですが、細くて奥行きが大きいのでほとんどは
バーナーによる半田付けです。
煙室体積が大きいのでちょっと焼けましたね。
右側のハンドレールは中空になっていて、煙室の何かを
操作するための引き棒(原形についてた排気ブレーキの
操作部を外に出した?)になっています。

11101705

その取り付けで悩んでいますが、明日何とかします。
サイドタンクの手すり等を含め、外観は明日出来るん
じゃないかと思います。
その後は楽しい下回りの調整で、運転会までにちゃんと走るか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

160の製作 34

今日は機構部品で残ってるカプラーと、ディテール関係を
始めました。

写真1枚目が今日作った物です。
右端は水タンク給水ハッチ、真ん中はカプラー関係、これは
初めは普通にKDカプラーの#58を付けようと思っていましたが、
やっぱり座がある方が格好良いので、面倒ですがエコーの座と
KDカプラーの#58を組み合わせることにしました。

11101611

さて、その左の板3枚、何でしょう?
答えは明日。

さて、カプラーですが、座を付ける場合の参考になるかと
思いますので、ちょっと詳しく書きます。
構造は、カプラーの胴を延長して先にΦ1.0の穴を開けると
言うことです。前は#6などの長いカプラーの胴にΦ1.0の穴を
開けてたのですが、ちょっとした衝撃でその部分が折れてしまい、
実用になりませんでした。
カプラー胴の先の方は幅が1.6程しかなく、そこに1の穴を開けると
横は左右0.3しか残りません、真鍮なら大丈夫ですがダイキャストは
すぐに折れてしまいます。
そこで今回は、この胴の部分に真鍮の角パイプを被せて補強する
こととしました。
角パイプと言っても市販品はないので作らなければなりません。
一般の角パイプは普通のパイプを圧延ローラーで整形して作りますが、
模型はそうも行きませんので、
チャンネルを作ってうえをふさぐ方法としました。
そして、ネジ穴のところは穴をふさぐ形で板に穴を開けた物を詰めます。
この角パイプは出来るだけ小さくしたいので、壁の厚さは0.2としました。
チャンネルは板を曲げても良いのですが、寸法がギリギリなので、
フライスで削りだしました。

11101612

写真2枚目は上の板を貼る直前です。
で、3枚目が仮組立の物と、組立前の状態です。

11101613_2

カプラーはエポキシで固定する予定ですが、復元バネを付けなければ
いけないのでまだ仮組みです。

11101614

で、4枚目はハッチです。
実物写真では横から全く見えないのと、組立図は側面にのみ
書いてますが、その長さはサイドタンクとほぼ同じなので、
楕円か長円だろうと考え、イギリスの機関車に多い楕円としました。
ふたの上面が膨らんでる物も多いのですが、同じメーカーの機関車で
フタが見える物があり、それは平らだったのでこれもそうしました。
つまみも全く分からないのですが、1100等で写真のような物が付いて
いたので、旋盤で削って作りました。
つまみの直径は0.5です。

今日は以上。
明日は今日作った3枚の板の取り付けと、配管、小物関係・・・
それで製作物は大体終わるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

160の製作 33

鉄道記念日おめでとう!!!

きのうに続き、ブレーキ装置です。
引き棒が動輪をはさんで4本あるので、動輪の動きを考慮して、
写真のような感じになりました。
ブレーキハンガーの左右の渡しは芯にΦ0.4を通した
外径0.6のパイプで、一番外側の0.4を半田で止めてるだけなので、
パイプに付いているブレーキハンガーは自由に回転します。

11101511

また、後のブレーキ軸は中に0.6を通した外径1.0のパイプで、
段差をつけて、キャブステップ下部の軸受けにプチッと差込みます。
ブレーキ軸のベルクランクはエコーのブレーキてこパーツセットの
一番小さいのを2枚重ねにして加工しました、
エッチングで大量に入っているので使い道が多くて大好きです。
このクランクの先のΦ0.4の線にブレーキ引き棒をはめて、
やっと出来上がりです。
だから、現時点では各部が可動するので、
ブレーキを動かせます・・・・・・
と・・・・書いて、ブレーキ軸のベルクランク、そのうち1個は90度の
てこが付いて手ブレーキになるはず・・・・を作るの忘れてた!!!
これでは全くブレーキが利かない!どーしよーーー
まぁ時間があれば作ると言うことにしましょうか。

で、それを台枠に付けるためのM1.0のネジで止めるための
穴をけがいて唖然。
台枠の補強にした側板を結ぶ上板や、モーションプレートの
ところのふさぎやらが、ブレーキハンガー上部と、それを止める
ネジに当たって、穴さえ開けられない状態です。
「ブレーキなんか、後から考えれば良い」と思ってたのが
仇になりました。やっぱりこういうものもきっちり設計段階で
考えていないと・・・・
結局、この段階でフライスにセットしてΦ2.0のエンドミルで
削る破目に・・・・

11101512

その後、台枠の側板にM1.0用の穴を開けるんですが、第1動輪用の
穴が、ちょうど前ステップの裏、
台枠の穴からピンチャックに長く出してくわえた0.5のキリで内側から
だましだまし開けて、それを3段階で大きくして1.0にしました。
ここのネジは台枠内側から入れて、ブレーキハンガーはタップです。

11101513

後半最大の難関がクリヤーできたので、あと1週間で何とかなりそうです。
但し、塗装は無理!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

160の製作 32

懸案のブレーキ装置の構想がやっとまとまったので、
工作再開です。

ブレーキハンガーは昔のトビーのネルソン用を整形、
穴あけをして所定の寸法に仕上げ、次はブレーキ引き棒。
これがなかなか厄介で・・・・
t0.3で幅は0.6しかありません、これを真鍮で作ると、
もうペラペラなので、強度を考えてステンレス板を使いました。

11101411

ステンレス板はいつものSUS430ですが、細長いので
ヤスリかけで結構苦労しました。
それを4本作っただけでもう疲れたので、今日はこれだけです。

11101412

明日はパイプをたくさん切らなければなりませんが、
明日ブレーキを終わらせたいと思います。
そうすれば、残る工程はわずかです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

160の製作 31

今日はちょっと用事があって、一工程だけです。

まぁ写真を見ていただければ一目りょう然ですが、
大正14年の自連化後と設定してるので、
「A7」は邪魔ですので削りました。
キサゲは、もう40年も使ってる年期物で、毎日使う物で、
作業の度に研いでいるので大分短くなりました。

11101101

これ1本でひたすら削ります、・・・と言っても片面5分程度
ですが・・・・
エッチング板は、エッチング液の流れの影響で、出っ張りの
横が少しえぐれているので、最後の仕上げに気を使いますが、
全部キサゲで削って、最後にナイロンタワシで磨いただけです。

11101102

作業はこれだけ、後は、上周りのディテールやブレーキの
構造等の調査とある程度の寸法だしをやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

160の製作 30

今日は、「明石の挽き物やさん」です。

とは言え、最初はきのうの煙室扉のヒンジを削ってからですが・・・。
ハタボーさんから最初にエッチング板と動輪と挽き物をもらったのが、

11101001

この機関車を作り始めるきっかけとなったんですが、
いよいよ、それを付ける段階に来ました。
煙突は2両分あったので、写真は取り付けた物と元の状態です。
元の状態では、裾は旋盤で挽いたままの状態だったので、
ヤスリ等で煙室に合わせて削りました。
煙突は、原型では先細でキャップはもっと小さいのですが、
明治中期の写真では先太になって、キャップも大きくなっています。
ただ、キャップのツバはちょっと大きいので、削ろうかどうしようか・・・・
仕上げはまだなので、少し隙間がありますね。

11101002

ドームの裾は削ってくれていたのでそのまま付けました。
安全弁カバーも作ってくれていたのですが、裾の広がりが無かったので、
腕試しもかねて作ってみました。
上の排気管はΦ1.6のパイプです。
屋根をスケールで作ったので、エッチング板の火室の安全弁カバーの
センター位置では、屋根板の段のところに排気管がきますねぇ。
安全弁カバーを図面通りのところに付けると、0.8mm程度狂っていました。
排気管は長く切ったのでカットする必要があります。
それで、全体を組み立ててみると・・・・

11101003

酒の肴になりそー
えっ、火室とボイラーに隙間があるって?
それは火室のウェイトを付けるとちゃんとなるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

160の製作 29

今日は煙室扉のヒンジです。

まず、0.8角の端っこにΦ0.45の穴を開け、端面を丸めます。
それから、煙室の穴に入れるところをΦ0.8の丸形に丸めます。
この辺は細かい作業で虫眼鏡(老眼鏡)が離せません。

11100901

それをΦ0.4の線で一旦つないで、
煙室に取り付けるところの座板を1.2x0.2の帯板をなまして
横にゆるく曲げて4.5mmピッチでΦ0.8を開けて、端面を
丸めます。

11100902

これは一旦ここまでで、取り付ける時には2つに切り離す
予定・・・でした。
これらを煙室にあてがって当たりを見ると・・・
例のエッチング板の寸法違いの段差のせいで、せっかく
作った座板を付けられない事が分かり、泣く泣く廃棄です。
気を取り直して、煙室の所定の位置にΦ0.8を開けて、
煙室側のヒンジの受けを付け、その後で当たりを見ながら
煙室扉を付けました。

11100903

扉側のヒンジを扉のカーブにあわせて整形して、軸を通して
全部を固定しました。
扉を開けようかとも思いましたが、開けると内部も作らねば
ならなくて大変なので塞いでしまいました。

ヒンジはキサゲと扉側を薄く削らなければいけませんが、
時間が来てしまったんで、それは明日とします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

160の製作 28

今日は屋根のはめ込み構造と、煙室扉を作りました。

・・・・その前に・・・・
皆さんの綺麗な工作台を見て・・・数年ぶりに旋盤周りの
掃除をしました。ハタボーさんと違って、うちのはML-210です。

11100801

うず高く堆積していた切り粉を取り除くと、切削油はこぼれてるわ、
色んな刃物が埋まってるわ・・・・
旋盤周りだけで灰皿のかんかん2/3くらいになりました。

その、せっかく掃除したばかりの旋盤で、煙室扉を作りました。
素材はΦ13の丸棒です。

11100802

煙室前面のエッチングパターンは、Φ13で出っ張りがあるのですが、
組立図ではΦ12弱です。
一体何を見て・・・・
削りとるのも面倒なのでそのままとしましたが、不要な段が付きました、
これだけは実物よりディテールがある・・ってねぇ。

11100803

Φ11.8、最大厚さ0.7mmでさらっと作りました。

その後、屋根板の裏側に、1x2のアングルを切った物を半田付けして、
角度を調整して終わり。

11100804

車体につけてみたら・・・

11100805

ちょっと隙間が開いてますねぇ、これは完成までに何とかせんと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

160の製作 27

きのうは、あまり時間が取れなかったので、屋根の構造を
考えていました。

今日は早速製作です。まず、材料の切り出し、
エッチング板は、単なる板が1枚だけだったので、それを
2重屋根にすべく、t0.3から、屋根板の1.5mm短い物を切り
出しました。
それを屋根板と同様に曲げ、2重部分のスペーサーとして、
0.8角を下屋根の淵に0.2mm程度ずらせて付けます。
同じ角材を屋根後部のカーブに合わせて折り曲げ、その
へこんだところに、Φ0.5の穴を等間隔で開けましが、
微妙にずれています、はたぼーさんのような工作は
やっぱり無理やねぇ。

11100711

ここの構造、写真でははっきりせず、明治村の保存機は
屋根を丸々変えてしまってるので参考にならず、
この辺りは多分に創造の産物です。
同じ角材で、屋根の前のスペーサーを作り、それらを
半田で組み立てます。

11100712

上には雨樋があるので、0.5角で、角に隙間を開けて取り付け、
切断面を45度程度に削って、今日の作業は終わりです。

11100713

屋根ははめ込みにする予定なので、「ハマリ」を作らねば
なりませんが、これから構造を考えて、明日の作業にしよう
と思います。

11100714

写真は下回りと上周りをネジ止めしてしっかり組み立てた
物に乗せただけです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

160の製作 26

今日は、ウェイト関係です。
まず、1x5の帯板を各寸法に切断して、各水タンク下面の、
ウェイトを切り欠いた所にはめ込んで半田付けしました。
ついでにウェイトも付けてしまいます。次は、火室のウェイトを
作りました。例によって、ハンマーワークです。
1枚目の写真の物をまずサイコロ状にして、肩のRを整形しました。

11100501_2

元の物がちょっと大きすぎたので、
適当にカットしながらハンマーで、細かい寸法出しは
荒目のヤスリです。

11100502

これを火室いっぱいに入れます。

11100503

この後、前に作った治具で水タンク下面にタップを立てて
今日の作業は終わりです。
この後、動輪とロッドがウェイトに当たるので削る必要が
ありますが・・・

今日作った火室のウェイトは30g、下回りのネジ止めの
機構部品を除いた重量は130gになりました。
どれくらい牽くか・・・・・

そうそう、ヘボ職人がハンマーワークを「特殊作業」のように
書いてたけど、これこそ「案ずるより生むが易し」やってみたら、
意外に簡単よ。
鉛は、鋳造したままより、叩くと密度が上がって重くなるしね。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

160の製作 25

今日は前回作った穴あけ治具で床板に穴を開けて、
上周りは、タップを立てるのに板を付ける必要があるんやけど、
その板を付けると、リヤータンクとサイドタンクのウェイトが
付けられなくなるので、
先にそこに入れるウェイトを作りました。
写真1は素材の普通のウェイト、

11100301

それをハンマーでたたいて延べ棒にします(写真2)。

11100302

それをさらにたたいて、大体の形にして、ヤスリで整形して、
リヤータンク用が出来ました。
写真3の手前がそれ、

11100303

奥はさらにたたいて、次のサイドタンクの素材にしたものです。
それを切ったり、たたいたり、削ったり・・・で、完成。

11100304

ここまで作ってたった55g・・・・やっぱり小さいからねぇ・・・

上周りにはめて見ました。
へこんだ所に、後ほどt1.0の板を付けてタップを立てます。

11100305

今日はまだ時間が早いのですが、ハンマーを振るったので、
もう握力が無くなって・・・、今日は終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »