« 160の製作 34 | トップページ | 160の製作 36 »

2011年10月16日 (日)

160の製作 35

今日はまず、きのう作った3枚の板です。

11101701

これはシリンダーの内側、バルブ部分です。
ここはバルブ部が直接見える車も多いのですが、
160はカバーが付いて、スライドバルブのスピンドルカバーが
先端を覗かせています。

11101702_2

現在はこのカバーが撤去されてバルブが直接見えています。

11101703_2

この部分の空洞にウェイトを入れました、作り方はいつもの
ハンマーワークです。

11101704   

これは先輪に軸重を加えるための物です。

この後、カプラー受を付けて、下回りはとりあえず
出来上がり・・・・かな。

それから、次は上周りのディテールです。
まぁ見てのとおりですが、細くて奥行きが大きいのでほとんどは
バーナーによる半田付けです。
煙室体積が大きいのでちょっと焼けましたね。
右側のハンドレールは中空になっていて、煙室の何かを
操作するための引き棒(原形についてた排気ブレーキの
操作部を外に出した?)になっています。

11101705

その取り付けで悩んでいますが、明日何とかします。
サイドタンクの手すり等を含め、外観は明日出来るん
じゃないかと思います。
その後は楽しい下回りの調整で、運転会までにちゃんと走るか!!

|

« 160の製作 34 | トップページ | 160の製作 36 »

160製作記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53775776

この記事へのトラックバック一覧です: 160の製作 35:

« 160の製作 34 | トップページ | 160の製作 36 »