« 160の製作 25 | トップページ | 160の製作 27 »

2011年10月 4日 (火)

160の製作 26

今日は、ウェイト関係です。
まず、1x5の帯板を各寸法に切断して、各水タンク下面の、
ウェイトを切り欠いた所にはめ込んで半田付けしました。
ついでにウェイトも付けてしまいます。次は、火室のウェイトを
作りました。例によって、ハンマーワークです。
1枚目の写真の物をまずサイコロ状にして、肩のRを整形しました。

11100501_2

元の物がちょっと大きすぎたので、
適当にカットしながらハンマーで、細かい寸法出しは
荒目のヤスリです。

11100502

これを火室いっぱいに入れます。

11100503

この後、前に作った治具で水タンク下面にタップを立てて
今日の作業は終わりです。
この後、動輪とロッドがウェイトに当たるので削る必要が
ありますが・・・

今日作った火室のウェイトは30g、下回りのネジ止めの
機構部品を除いた重量は130gになりました。
どれくらい牽くか・・・・・

そうそう、ヘボ職人がハンマーワークを「特殊作業」のように
書いてたけど、これこそ「案ずるより生むが易し」やってみたら、
意外に簡単よ。
鉛は、鋳造したままより、叩くと密度が上がって重くなるしね。」

|

« 160の製作 25 | トップページ | 160の製作 27 »

160製作記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/53775512

この記事へのトラックバック一覧です: 160の製作 26:

« 160の製作 25 | トップページ | 160の製作 27 »